染織、帽子の制作日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by crossito
 
[スポンサー広告
12月の展示。
131127_01.jpg

12月の展示のお知らせです。
工房・ギャラリー「やぶさいそうすけ」にて行われる『12月の帽子店』でlimonataさんの帽子のオーダーにcross itoの織り布を使ってもらっています。
ikoyanさんの革バッグ、coross itoの織り布と革のコラボバッグ、手織りの巻物など冬のお出かけが楽しくなるようなものが並びますよ。

工房・ギャラリー「やぶさいそうすけ」のHP→
スポンサーサイト
Posted by crossito
comment:0  
[お知らせ
終了。
「灯しびとの集い」から戻ってきています。
会場に来ていただいた方々本当にありがとうございました。
反省点もいろいろですが、様々なお声を聞くことができて元気をいただいたような気がします。
また、これから一歩一歩頑張っていきたいと思います。




131119_01.jpg
相方が買ってくれた「minta rotie」のシュトーレン。

131119_02.jpg
四万十栗の渋皮煮や木の実がごろっと入っています。
これを食べて、また頑張ります!

Posted by crossito
comment:0  
[紡染織
「灯しびとの集い」直前になりました。
荷物も送りました。

131114_03.jpg
いきなりですが、これは先月の写真です。
さすがにここ数日はお出かけしておりません。
もみじ市に出展されていた福島のあんざい果樹園。
いつもおいしい林檎や洋梨をいただいています。
こちらのアップルジュースを使ったアップルティやサングリア。
とてもおいしかったです。林檎の香りが本当に良いのです。

131114_02.jpg
最後の1つだった紅玉と洋梨。
洋梨の種類は忘れましたが、とても香りがするので生ハムと合うとのこと。
早速ワインといただきました。(先月です。)

紅玉は酸味のある大好きな林檎です。
1つだったのでそのままいただきました。
紅玉という名前もいいですよね。

それとは別に紅玉をいくつかいただいたのでこちらはアップルパイに。
131114_01.jpg
何年かぶりにつくったので、少し腕がおちたような気がします。
教えてもらった作り方がバターをつかわないので、さっぱりしたパイです。




131114_04.jpg
前回の帽子用の布を帽子に仕立てました。
表と裏、両方使っちゃいました。

最近、何かと赤が私の中できているらしいです。
この期に及んでまだ織っていました。
131114_05.jpg
少し小さめのマフラー。
機からおろしたところの写真です。
この後(今日の午前中)、縮絨しました。
乾いたようなので写真を1枚。
こんな感じです。
131114_06.jpg
結構縮んで、クシュッとした感じに。
緑のマフラーは緑の部分と焦げ茶の部分の縮み率が違ったので、ヒラヒラとした感じがします。
緑の方ががっしりと縮んで、両端の焦げ茶がヒラヒラと。
手紡ぎの(手紡ぎではなくても縮み率が違うことはあります。)糸は糸(紡ぎ方、素材のため)によって本当に縮み具合が異なります。
例えば、緯糸に違う種類の羊毛の糸を縞に使うと端がまっすぐではなく、引っ込んだり出っぱったりした布になってしまいます。
帽子の場合は裁断するので大丈夫ですが、マフラーやストール、ブランケット、マットのような四角いものは悩みます。
きっちりとして見えないのです。
それでもクシュクシュ、ボコボコした布の質感が大好きなので、一つの布に色々な素材、異なる種類の羊の毛を使います。
そんな布に興味のある方はぜひ、見に来て下さい。



Posted by crossito
comment:0  
[紡染織
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。