染織、帽子の制作日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by crossito
 
[スポンサー広告
過去のかき氷。
もう去年の8月のかき氷なので、今ごろ写真を載せるのはどうかと思うのですが、
ちょっとしたメモとして書いています。

恵比寿三越の夏の企画「日光天然のかき氷四代目徳次郎」でいただいたかき氷です。
この天然氷とは日光霧峰高原の天然水を電気を使わず作った氷ということです。
「氷池」で凍らせた氷というと簡単そうですが、大変な労力と手間がかかるそうです。
今、天然氷の氷室は少なくなり日本でも5軒ほど。

140313_01.jpg
「栃木県那須産ブルーベリー」


140313_02.jpg
「栃木のソウルドリンク 関東栃木レモン」

何故かレモン牛乳が好きで、ふらふらと「栃木のソウルドリンク 関東栃木レモン」を注文してしまった。

スポンサーサイト
Posted by crossito
comment:0  
[日々
じつは、
前回の「星を賣る店」の展示についてから1ヶ月以上経ってしまいました。
1ヶ月なんて本当にあっという間ですね。
展示を見てから、クラフト・エヴィング商會の本が懐かしくなり、本棚から引っ張り出し再読してみました。
その中でも好きな1冊。
140312_02.jpg
『じつは、わたくしこういうものです』
簡単に内容を言うと、架空の職業についた人々の架空のインタビュー集でしょうか。
職業は例えば、月光密売人、秒針音楽師、シチュー当番。
名前だけでも愉しそうな、よく分からないような。
特に好きだったのは白シャツ工房。
すべて受注生産で半袖と長袖の2種類の「白いシャツ」だけ。
本人と小道具の写真が添えられています。
もちろん実際は違う職業の方の写真なのですが、「白シャツ工房」にぴったりです。
小道具は通し番号の入ったタグ。

白シャツいいですよね。
140312_01.jpg
こちらは私のお気に入りの白シャツです。
綿のシャツももちろんいいけど、麻のシャツも好き。
麻はアイロンをあてずに、しわくちゃのまま着るのが好きですが、残念なことにあまり似合わない。
下手するとだらしないだけの人になってしまうので、ため息をつきつつアイロンをかけることになります。

140312_03.jpg
こちらは帽子用に紡いで織った布。
表と裏の表情が違っています。どちらが表というわけではないのですが。
くしゃりとしたままの風合いで使いたいので、「どこまでアイロンをかけるか」、もしかしたら一番真剣に考える瞬間かもしれないです。
Posted by crossito
comment:0  
[日々
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。